派遣の知識の館[長野県]

派遣で働くには制限もあります。たとえば長野県で派遣で働く場合、どのようなことが考えられるのでしょうか。

派遣で言う「接触日」ってなに?

派遣を最長3年勤めていくと、派遣先企業の部署ごとに、派遣スタッフを受け入れることができる期間を過ぎた最初の日を、接触日と呼んでいます。

この接触日がいつになるかは、派遣の契約を行う際に、派遣会社から説明があります。

接触日のようなものがなぜ設定されているのかというと、派遣法には派遣労働者を長期で受け入れることができないと定められてきたからです。

企業は一時的に需要がある際に、必要な派遣を受け入れているという性質のものであるからです。

今後の派遣法の改定によっては、3年後の雇用に関する部分は変更があるかもしれません。

一例ですが、同じ業務で3年間長野県で派遣の仕事をしていたという場合、契約日の翌日以降はすでに派遣法で言う「臨時で一時的な需要がすでに終了している」という状態にありますから、その日以降は派遣労働者を受け入れると、企業側が法律に違反してしまうことになります。

接触日は法律に触れる日という意味で使われる言葉です。

長野県の派遣先は企業であり、そこには正社員が仕事をしているため、その活躍の場が損なわれることがないようにという意図を持って、接触日が設けられています。

現在通常国会に提出されている派遣法改定案によれば、接触日そのものが撤廃される可能性も出てきています。

改定以降は派遣元での無期雇用がスタートすると、期間制限がなくなる可能性も出てきます。

派遣会社の営業政策にもよるし、勤務先の企業が正社員雇用を進めるかどうか、派遣社員本人の希望などと併せて考える必要があるのですが、法律改正後には現行の雇用習慣に変化が来るのは確実です。